かさゃん(^^♪’s Road
趣味を中心にかさゃんの ”想い” を綴ります^^♪

 【記事】 危険なクロスプレーにNO!捕手出身の伊東監督提案“明確な規定を”

















危険なクロスプレーにNO!


捕手出身の伊東監督提案


“明確な規定を”

















↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓








































☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ 























本塁上のクロスプレーは醍醐味…???

理解に苦しむ。






もちろん 本塁…に限らず

ベース上の 走塁技術は醍醐味だよ。

でもクロスプレーが醍醐味。

そして 醍醐味とは ラフな走塁と

それに対するキャッチャーの度胸に焦点が当てられる。












野球は競技(スポーツ)であり格闘技じゃない。

なら ルールの中(ルールを明確にして)で

フェアな中で 技術を競う場所であって欲しい。

その中で ラフプレーは 格闘技的な要素であり

魅力は感じず プロなら 選手の選手寿命に関わることだってあるし

草だって 日常生活に関わる。











要するに ラフプレーは全面禁止。

わかりやすく言うと 本塁上で大柄な選手に多く見られる

”タックル” は禁止として欲しい。

もちろん 今以上に キャッチャーがホームベースを

隠す行為についても 審判はより強い権限を持って

ジャッチすることで構わない。








求めるのは フェア(公平)な中での 純粋なレベルの高いプレー(走塁)。







こっちに標準を当てて欲しい。

そういう風潮にしてよ。












これは 元プロ 野球を知っている人でも

かなり判断がわかれるところだけど

僕は詰まらないことで 良い選手の良いプレーが

ずっーーーと  もしくは 数試合でも見られなくなるのは嫌だから

フェアであって欲しい。








その明確化は賛成。

だって タックルして 怪我人が出て

それでチームが勝って、

そういうプレーが良しと思っているなら謝罪もなし?。

謝罪があっても それで良しとも思わない。

その覚悟は間違っているとしか思わない。

徹底的に 技術を磨き それを披露する場所だと

より輝きは増すと信じたい。











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

リンク

プロフィール

かさゃん(^^♪

Author:かさゃん(^^♪
R34・ソフトボール好きのかさゃんです♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム