かさゃん(^^♪’s Road
趣味を中心にかさゃんの ”想い” を綴ります^^♪

 日本代表 メキシコとの強化試合











続 野球の話。

今帰ってきたところで

テレビ1局の ダイジェストを見ただけだけど。










↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
























☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ 










初戦の負けも別に構わないし

今日の勝ちも構わない。








内容の話。

「安易なコンバートは…」

肩の話を書けばよかった。

今となっては 後出しじゃんけんっすね。

ヤクルト・山田哲人選手が

高校時代 抜群のスイングスピードだったけど

肩が… でプロに入ってからは高校時代のショートから

セカンドになったことは ご存じの話。










自分もレベルは違えど 今は肩壊れてるし

もともと高校のときから 自信はなかったから

「安易なコンバートは…」 と。

本人の納得と時間を掛け 適性を見極めた結果なら 

構わないけど。

自分はコンバート自体は 賛成派だから。

自分のチームでは 内野⇔外野のコンバートも

仕掛けている人だし。








肩が弱い弱点はあれど

内野と外野ができるから 求められること

自分なりの適性の見極めの尺度も持っているし。











もちろん 今の時期が 

セカンド→サードのNG/OKの見極め時期

ってことだけど。










攻撃力の最大戦力化を考えたときに

調子の良い選手を使おうとする起用/采配は

わかるけど。








守備の精神的負担は

プレーへの影響はかなり出るから。








それにしても

大谷くんの レフトへの打球。

凄まじい。

スイングスピードが速いって凄いんだよね。

例えば ショートを守っていて

ゴロなのに

反応できない瞬間。

そのときの 絶望感と 純粋に凄さを称える脱帽感。

僕の場合 そういう打球を目の当たりにしたのは

”ひとりだけ” だけど。









それに 盗塁を決め

3塁に進み。

一塁ゴロに対する ホームへのアプローチ。

惚れ惚れ。

ここは 足の速さではなく(足も速いけど)

”意識” が表れた走塁レベルの高さで

大好きな姿勢♪♪♪











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

リンク

プロフィール

かさゃん(^^♪

Author:かさゃん(^^♪
R34・ソフトボール好きのかさゃんです♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム