かさゃん(^^♪’s Road
趣味を中心にかさゃんの ”想い” を綴ります^^♪

 シゴトの仕方と業務改革











今日は勝負は真向勝負です。

しかも、内角高めのストレートかも。

会社にはたくさんの業務があります。

そのなかで 「非定型業務」 をやっている君宛ての指摘。









こういう表現で シゴトの仕方

業務改革の記事を見掛けて

そのとおりと思ったので。











↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





































☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ 


























内容は

「業務変革の手法をどう捉え どう向き合うか? どう実践するか?」

というものね。




















(その記事の)グループ会社全体で 色々な変革を進行中。

もちろん 組織の大きな変革は新聞でも取り上げられてもいるし

顧客向けのHPでも出ている内容。








その中での 『業務改革 / 効率化』 について。











非定型業務をやっている君は、改善活動が肌に合わない、

馴染まない。

たまに状況報告を求められると、

形だけやったふりをした報告。そんなことにやらされ感も。

君は仕事にはプライドもあり「企画業務に携わっていること」に

優越感を感じている。

「自分にしかできない」 「高度な仕事であり」

「時間で測ることなど出来ない性質のアウトプット」だから

「定性的な目標を設定し」 日々忙しく資料作りや会議に追われている。







そう思った君に、3つほど質問。







① 高度な自分の業務が、グローバルなビジネス環境で勝ち残っていけるか。

 働いている会社外で通用する水準にあるか。





② 非定型は、本当にあなたにしかできない仕事なのか。

 山のような残業をしている姿はカッコいいのか。




③ 定量的な目標を持たず、どうやって仕事の達成感を味わっているのか。

 まさかパワーポイントの企画書をたくさん作成したことが

 成果指標になっているのか。










私は以前、とある会社の経営企画本部を見る立場にいた経験があるから

そのように感じる気持ちは痛いほどわかる。

個性や創造性を否定しているのではない。

その経験・ノウハウを自分だけに閉じてしまって、

組織としての力にしないことが大きな問題。






今、グローバルビジネスの現場では、

高度な仕事ほど、標準化やノウハウの共有化が進んでいる。

そのノウハウを学習したチームが評価され、

出来るナレッジワーカーの数の力でグローバル競争をしている。












以前、

戦略コンサル会社のマッキンゼーの米国本社で議論をして

驚いたことがあります。


パートナーと呼ばれる幹部は、自分の時間の10%を

チームのナレッジの共有化やテンプレート化に使うことが

義務付けられており、評価要件になっていた。






さらに本社にあるナレッジ集積の責任チームが、

全世界の業務を標準化・共通化する仕組みを作っている。

彼らは、その集積と仕組みこそが

コンサル会社の競争力の源泉だと言っていた。







特殊で高級で

その領域に精通した人にしかできない分野を持つコンサルが、

一匹オオカミの生き方で評価されたのは、

もはや過去の風物詩。

今は高度な思考や判断を要するコンサルタントや弁護士も、

みな時間刻みで

自分の生産性のマネジメントをしている。







短時間で明確なアウトプットを出す人材が評価され、

それを自分のものにするために、みな懸命に努力している。






パソコンの前でしかめっ面をして、

仕事をしているふりをしているだけの人は

まったく評価されないし、チームメンバーが

誰も理解できないのに得意げに熱弁を奮っているだけの人も評価されない。







もう一度自分の仕事を振り返ってください。

「非定型業務」と言いながら、

実は複雑系のオペレーション業務を、

汗を拭き拭きこなしているのではないか――。






この視点に立って、業務プロセスを抜本的に見直して欲しい。

自分の仕事を平易な言葉で整理し、

プロセスを標準化し、テンプレートを用意し、ナレッジの共有場所を用意する。







そのうえで、君の仕事を誰でもできる仕事にすることが、

君にとってもみんなにとっても重要なこと。






非定型であることは自慢にもなりません。

単に複雑系の仕事内容を標準化してこなかっただけ。

どんな仕事も、チームで知恵を出し合い、

改善をするなかで標準化を実現できるはず。







自分にしかできない仕事はやめよう。誰にでもできる仕事に変えよう。

これが、君へのメッセージです。

そうすれば“目からうろこ”の事態が君を待っていると思います。

君の働き方が一変するかもしれない。



















こういう意識のない人って ずっーーーーと

”相当の残業規制” を ”直接” 言われないと

なにも変わらないですよね。

言われても変わらないのかもしれない。

(変わらない人を見てきた)

し、 言われてから やっと変わるって 

僕の基準では

うましかさんなわけで。







業務データをさ、共有サーバではなくて

個人ドライブに保存する行為も 理解できない。

(でも 共有しても問題ないだろうデータを閉じて

 管理する人がいるわけで…)

人事が扱う情報なんて 人事情報なの当たり前なんだから

大方の情報は そういう扱いしかしない。

広い視点でいうと しょせん社内情報なわけで

社外データを扱う業務の方が リスクは高いよね。

(個人情報が その人以外に触れると ”かなり” の

 事だから そこは そういう意識を持っていないといけないのは

 同じだけど。)







その(一部)空っぽなことをしている業務の中身を見ようとしない人は

誰だけ肩書きがついていても わからない(わかろうとしない)しね。。。。。。









最近 NMAT / JMATの勉強を

はじめますた☆彡












スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

リンク

プロフィール

かさゃん(^^♪

Author:かさゃん(^^♪
R34・ソフトボール好きのかさゃんです♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム