かさゃん(^^♪’s Road
趣味を中心にかさゃんの ”想い” を綴ります^^♪

 <コメント返し> 










たけさんのコメントへのレスです。

日記にしてしまうという 時々あるパターン。









↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓






















☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ 









☆たけさん

コメントありがとうございます♪

毎回この手の内容に反応いただけて 嬉しいです(#^.^#)







そうです。

根本は電子制御否定派です。

その分、とにかく安くして欲しい。












実際に便利だけど

 ・付いていたら使う
 ・付いていないからと文句言わない(僕は)

は全然違います。












(でも ソフトが始まり毎週のように掛川⇔横浜を
 行き来すると、オートクルーズ機能は楽…
 言ってることが矛盾しているか…。。。。
 クルーズ機能がなくても、行き来しますから。ということで)











メーカーが

”G” のコントロールという技術に着目した点に

触れたくて書きました♪









Gなんて考えていない不快なドライバーの運転に乗る際、

Gを自然に感じてしまう僕は不快が減ることと思うので。

(縦Gは この技術でも制御外だから 不快ですね)











それで 究極の安全装置として
完全自動運転 巷で言う レベル4に該当するもの。
これは肯定派です。


電子制御否定というのは 
自分の運転=マイカーに対する考え方。
安全装置としての完全自動運転はいい。






事故が起きない。
死亡者が出ない。不幸な家族が生まれない
なら それでいいと思う。











(ここから 話がそれていきますが)

だから
2020年 東京オリンピックに格好つけた
ひとつのターゲット年には非常に期待しつつも
完全自動運転って
生産コストを度外視しても
今のカメラ、センサーでは実現できないと思っています。
それは 荒天など視界的な問題で。








道路インフラ側に センサーのようなものをつけて
そのセンサーづたいに車側のセンサー読み取り装置で
それに沿って走る。



カメラ、センサー系は 人 動物など動くものに
対する自動運転をサポートする位置づけ。


その両輪が完璧にならないと。








だから 実際2020年には完璧な完全自動運転は
完成しないと思っている。
それに法整備が追いつかないでしょう。
自動運転とマニュアル運転が混在する中で。
(2020年 年末にこの日記を見てみたいwww)









実現するとすれば
それは オリンピック会場とオリンピック村
もしくは特定の観光地の行き来といった限定的なもの。
と思っている。



それに関しては 完全自動運転が成り立たない条件では
完全自動運転が解けて 人間操作に戻すというのが
一番簡単な 近いうちに実現させる場合の解のような気がしますが。



完全自動運転が解けることがない
車ができた場合 運転免許証て
どうなるんだろう?



金があれば買えて 走れる車。
生きているうちに走ってくれるのかな?






なんてことを常々考えていますが
最後の安全装置→完全自動運転と思っているので
良い機会?と つらつら書いてみました。




















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

リンク

プロフィール

かさゃん(^^♪

Author:かさゃん(^^♪
R34・ソフトボール好きのかさゃんです♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム