FC2ブログ
かさゃん(^^♪’s Road
趣味を中心にかさゃんの ”想い” を綴ります^^♪

 高校野球 夏の甲子園大会








今日 静岡県は 決勝。

いいなー。

神奈川出身としては 

静岡は平日の試合はあまりなく

県1校なのに 今日決勝。

今年は神奈川2校代表だけど 

まだ決勝ではない。明日?




まだ 静岡県代表は 甲子園でも勝ち上がるレベルだから…
良いけど。









↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




















☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ ☆★ 











”マツコさんが言ったことで” ネットの一部だけでは

ちょっと話題になっている 甲子園大会の 地方大会なんて

「誰もみてないんだから 夜中やれば良い」 汗!!









野球好きとして 他にも 過酷な高校生(に限らず)スポーツはある中で

触れてもらえることは嬉しいこと。

日本の若い世代の興味は

野球 < サッカー だと思う中で

やはり ”歴史” があるから 甲子園大会がやり玉にあがる。

話題になる♪♪


















この話。

シンプルに結論から。








現役高校生 野球部にアンケートを取ったら


ほぼ100%  「甲子園」 では。


それに 元球児も 「甲子園」 では。






これがまずベース(答え)。











高校野球をやったことない人間は簡単に

暑いから 甲子園以外のドームで、と。










そりゃ 猛暑の中 ”高校球児の死人” を出すわけにはいかないから  

その言い分は簡単に通るでしよう。

聞こえも良い。












ただ 甲子園まで応援に行っているのかもわからない

地方大会の応援もしたこともない人に言われても

当事者は 「はっ?」 だし

夏の大会 ならでは! 独特の応援のある雰囲気の中で

試合をやりたいが

応援はなくても 外野は黙っとけ 

”熱い”中練習をし

甲子園に行くための鍛錬を 夏まで やってきたんだ!

が球児の本音だと思う。

”特に” 県代表になるような子たちは。

除く: プロ/いきなりメジャー目標が本気の場合
    甲子園なんてどうでも良い子はいるのかも?。









僕は 元経験者として

不安の対象を選手よりも 応援(スタンド)側に焦点を

当てているとおり そっちの方が危険と思っていて。










野球をするために日々協力をしてくれた家族と 

本当に野球を観たいと思い 観に来てくれる人がスタンドに居てくれれば

あとは 好きな野球を 県で1校しか行けない中

”甲子園で試合をしたい” という答え以外ないでしょ。

体(観戦)に不安があるなら 暑い中 わざわざ球場に来てくれなくて良いから

試合は 甲子園でやらせろ! と。










毎日練習しているのに 倒れるわけねー!

が甲子園に行く選手。(もともと その日体調が悪いは除いてね)

現役から 18年過ぎたって 夏も冬も 試合はできるとしか思っていないし

実際に やっているし。

 ↑こう言うと こーいう奴が居るから

  となるとわかっていて言っているのと
 
  こういう輩(球児&元球児だね)は 
 
  高校野球の良い/大変 両方知ったうえで

  居なくならないと思うけど?。

  人口ピラミッド的に 確実に減っていくけど。








僕が自分の目で、 甲子園の綺麗な緑の天然芝を

センターのバックスクリーンから270°見渡したのは

大学生のころ ほぼ純正のER34で 夜中出発し

1日4試合 観戦したのが最初。

 ↑僕の基本的な観戦スタイル♪



毎球 投手の配球を予測し 守備の陣形はどう取るのか?

テレビで一部を見るのではなく 

生で 自分の目線をちょっとズラスだけで

全部を観られるからできるこの観戦スタイル。





日本で限られる 天然芝の球場。

野球をやる人間が 生で観たら

ここでやるために頑張っていたんだ

と感動できる場所なわけです。








ただ 対策として甲子園でも 地方球場でも 

【対 選手策】
 ・環境省の出す 暑さ指数を用いた試合禁止策(徹底)
  ※事実上 8月の暑さだと12:00~15:00は禁止?
   死人が出てからでは遅いけど 7月上~中は体力もない
   弱い高校が試合をやっていても何もなかったわけで。
   甲子園に行くような選手は…8月でもなにも起きんでしょう…(で なにか起きたら…。)


【対 応援策】
 ・球場には外野まで庇を付ける。(今年の夏には間に合わないね)
  ※甲子園(他の球場でも)って庇が少ないんだ。
   アルプススタンド(外野)には庇がない。
   庇があるのはネット裏だけ。
   僕は ずっとバックスクリーン横での観戦だから 
   ずっと太陽と友達だけど(汗)
   ↑こういうつもりで 観戦しているわけで。
    倒れるわけもないし、倒れたら ここで書くとおり
    選手に申し訳が立たない。元球児としても。 
 ・ミスト発生器を庇や通路につける
  ※こんな金 出せないだろ…地方球場




※いや だからさ 選手は好きでやっているわけで
 本気で観に来る意志がないなら 来ないでと。
 生半可に来られて、倒れられて 
 試合できなくなるのは選手が困る。
 高校野球 硬式球を使って 
 3年間続けるって 好きじゃなきゃ 目標がなきゃ
 到底続けられる話ではない。


 硬球当たったら痛いし 笑
 体は常にどこか痛いし 汗

 



 中学ではなく 高校くらいになれば
 どの競技でも よほどやる気のない部活でなければ
 同様だと思うけど。


 ただ 野球は 攻撃の間 レギュラーの選手だって
 ほぼ休憩だからね 汗








代表校の全国大会は甲子園として

地方予選をどうするか?

甲子園だろうと 地方だろうと

さっき書いたことくらいしか。

だって 考え方は同じぢゃんね。









この暑さだと

本気の対策/配慮は 

選手に対しても

観客に対しても

必要だけど

”甲子園での代表校の試合” は甲子園がなくなるまで続けて欲しい。







開催時期をズラすは 東京オリンピックならどうにかできたとしても

高校生はねぇ。







実際に今年 暑い時間帯を避けてナイターでやり

延長戦に突入し 試合終了が 22時半を過ぎたと。

22時を過ぎて試合をやるって。

選手(高校生)も観客も…。

23時には打ち切ることになっていたらしいが…。

家に何時に着くの…。

家族(小学生)は最後まで観られない。












暑さ対策のため ナイターを当然と考える場合、

地方大会の場合、

片道2時間掛けて家(または学校)から試合会場に、

は珍しくはないので。

経験あり。神奈川県は校数多くても1枠ですからねー。



なので 試合は20時まで、 

つまり 長い試合を考慮し 

試合開始リミットは3時間前の17時かと。

※標準試合時間 だいたい2.5Hのはずなので。









甲子園の場合 選手は近く(片道1時間以内?)に宿舎を取っているはずだし 

応援団は 夜中 バスを走らせて 地元に帰るから

最初から 翌日朝までに家に帰るって前提だから

足は確保されていて 良い? かもしれないが。









中心は 選手なわけで

僕の答えは 最初に書いたとおり。

選手が 崩すことになるのは仕方ないが

(最悪のことは起きて欲しくない。

 でも 高野連はなにも手を打たない?でしょ。)

外野(応援者)が 選手の意向を壊すことはやめて欲しい。

元高校球児。今も高校野球好きとして。



















今日の静岡県大会の決勝の録画を観ながら書いてるけど

生で観てみたいなー。





合間のCM ここ2~3年CMでやってる

甲子園のダンスのCM。

今年verの 新しいのが流れたけど

スゴい迫力♪









静岡県大会決勝 

外野は解放していない。

その場合 どこで観戦するのが面白く 観られるのかな?




僕の場合 本気観戦だからね♪♪♪♪









バックスクリーン以外だと

投球の高低/内外までわかりにくくてね。

神奈川県大会決勝だと

外野解放しないなんて あり得ないはず。

これは 人口の差?

試合の面白さ(レベル)の差?





決勝の録画。

7回表 50m6秒3の子が送りバントをして

結果 バントをした子が1塁セーフになったのだけど…

「50m6秒3 決して足は速くない」 と実況。

そうか、6秒3は決勝レベルだと速くないか。

6秒2より速かったかもしれないけど 

計ったことがある自分の記録は6秒2が最速。

確かに5秒台に入ると 塁間の移動もまた違う世界になるのだよね。

5.8を切ると速いと良く言われる気がする。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カウンター

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

リンク

プロフィール

かさゃん(^^♪

Author:かさゃん(^^♪
R34・ソフトボール好きのかさゃんです♪

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム